「学びを結果に変えるアウトプット大全/樺沢 紫苑」【読書メモ】

スポンサーリンク



人生を変えるための手法を惜しみなく記載した「学びを結果に変えるアウトプット大全」を読みましたのでご紹介します。

2019年のビジネス書年間ランキングで3位を獲得した良書です。

読む前の自分

情報発信して稼ぎたい!と思って始めたブログですが、いまいち捗っていませんでした。

書くコトにも色々悩み、なかなか進んでいかない自分に嫌気がさし、やっとの思いでまた書く気を起こす。

繰り返しながら、少しでも前進していたはずですが。

今度はブログの設定にハマり、全く書けなくなってました。

先日、協力してもらいブログが復活したのはいいものの、何書いていいか分からない。

書くコト思いついてもどうやって書くのも分からない。

感情や出来事をただ羅列するだけならできそうだけど。。。。

それだけだと情報発信にならないのはわかってる。

というわけで、再度この本を読むコトに。

読んだ感想

「成功を収めたいならアウトプットは不可欠」

この一文に全てが集約されている。

そこは理解しているんだけど、なかなか実践できていない。

まずは書く習慣がなかなか身につかないんですよね。

一時期はできそうな感じしてたけど、間が空いて今はまた習慣作りから始めなきゃいけない。

本の中では「話す」「書く」を大事にしていている。

これは運動する際に身体で覚えるコトと同じと書かれていて、その部分でようやく「話す」「書く」の大事さに気づいた。

学生のときにひたすら書いて覚えてたけど、あれと同じだった。

もっともっと「話す」「書く」を大事にしたい。

今後やるコト

毎日ブログ更新、がベストなんですけど。。。。

「5分でもいいから毎日手書きするコトが大事」と書いてあるので、まずは日記をつけるところからはじめます。

それに自分の意見や考えを含めていければブログになるはず。

なるべくポジティブに生きていく。

そのための環境づくりもしないとなぁ。

机の上も整理しなきゃだ。。。。

それが終わったら読書習慣も再スタートできるんじゃないかな。

メモ

2018年9月2日:初回レビュー分を改定







ABOUTこの記事をかいた人

小柄で細身の虚弱(もやし)体型を脱却すべく奮闘中の30代ブロガー会社員・・・でしたが思い立って退職を先にしました。果たして、無事に生きていけるのか。