【書評】ある意味チャンスあり?『なんでお店が儲からないかを僕が解決する/堀江貴文』

スポンサーリンク



「なんでお店が儲からないかを僕が解決する」を読みました。

最初にタイトル見た時はホリエモンが飲食?という感じで流し読みしてました。

で、最近あらためて読み直すと、ホリエモンらしい視点で面白いなぁと思いました。

色々と感じるコトがあったので、早速紹介します。

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

気になるポイント

ホリエモンの原動力

色んなところで色んなコトを辛口で喋っているけど、結局は「美味しいものが食べたい」だけなんよね。

ただただ突き詰めた結果、飛び回って色んなモノを食べてるけど、コンビニや牛丼チェーンでも美味けりゃ問題ないらしい。

よく考えたら普通のコトなのに、ホリエモンだと特別なコトに感じるこの不思議さよ。

進化を止めるな

長くても10年、3年続ければ立派な方だと言う業界の中で、継続するためにはやっぱり進化が必要だとのこと。

美味しいものを出すためには常にいろんなことを考えて挑戦して、アイディアが凝り固まってはダメとのこと。

いつも通りの「ただ美味しいだけ」のお店では、安さを追求できる大型チェーン店には負けてしまうから。

結局、大手と値段では勝負できないってことよね。

単価は上げてもよい?

激安はチェーン店に勝てない、超高級店には手が出せない。

となると、少し値段を上げたラインならあんまり競合がいないのかな?というところ。

値段を上げるのであれば、美味しい+αで何か必要だから大変ですけどね。

だからこそ自分のアイデアを実践し続けるのが大事。

実際にネットやテレビで紹介されてるお店って、独自のアイデア出してのがほとんどですよね。

結局は単価関係なく、魅力ある店を出せるかどうか。

まとめ

美味しいものを食べる、それすなわち感動すると言うコトですね。

もっと感動体験したい。

2016年に出版された本ですが、その当時とはあまりイノベーションは起きてなく、むしろチャンスが残っているのでは?とすら感じました。

ちょっと色々と妄想はある。

まぁお金貯める手段が最大のネックかなぁ…

とかグダグダ言ってるとホリエモンに怒られそうやけどね(笑)