「決断=実行/落合博満」【読書メモ】

スポンサーリンク



元中日ドラゴンズ監督の落合博満氏の著書「決断=実行」を読みました。

読み方は「決断(0.5秒空き)実行」だそうです。

選手・監督として相当な結果出した人なので、思考が気になる方も多いはずですが、著者の考えかたを押し付けるのではなく、各々考えてもらうためにこのタイトルにしたそうです。

読む前の自分

選手時代のイメージってとにかく「職人肌」ですかね。

現役を見たのは晩年だからかな?

すごいけどなにか物足りなく、あくまで「元」三冠王なイメージ。

それもあって、世間的にはヒール扱いじゃなかったかな。

あくまでもイメージです。

今はこんな選手いないなぁ。

どちらかと言えば監督としてのイメージの方が強くて、とにかく名将・知将といった感じ。

ものすごく考えていて、色んな情報をもとに自分で考えて動く人。

ただし常人には理解できないっていう。

読んだ感想

やっぱ普段から考え抜いてるよね、この人。

死ぬほど考えてる。それはもう死ぬほど。他人の何百倍も。

考えてると思う。

時々色んな提言をしていて、それぞれに必ず意味があって一理あるんだけど、テレビやネットニュースでは主張がちゃんと伝わってないよね。

(勝つために)語ってこなかったからってのもあるけど、今までの対応による印象操作がありそう。

もうちょっとうまく伝われば、野球界にはもっと良い影響を与えられそうなので、そこだけは残念。

そう思うと、本来は現場から離れたらいかん人だとおもうんだよなぁ。。。。

一番印象的なのは「仕事に取り憑かれろ」というコト。

ワタクシに関しては、そもそも仕事に取り憑かれた事がないです。

だから野球を「仕事」と言い切ってるコトに違和感を持ってしまう。

でもそれを言い切ってしまうあたりがこの人らしさであり、流石と言える。

過去作「采配」も読んだんですけど、この人の場合は著書を読むと見方が変わるかと。

今後やるコト

取り憑かれるってなんだろうね。

ゲームにハマりまくってた頃しか思いつかない(笑)

自分に徹底的にできる部分ってなんだろう。

とにかく考えさせられっぱなしに思ってるんだけど、それでもまだまだ考え足りないのではないか。

ずっとこんなコトやってるのにな。。。。

それをずっと繰り返すコトが生きるコトなのかもしれない。

「1日を生きた、という経験は誰もが積んでいる。」

この一言を重く受け止めて、もっと進んでいければ。