「ぼくたちは習慣で、できている/佐々木典士」【読書メモ】

スポンサーリンク



「No.1ミニマリストが贈る、才能を作り出すための習慣化の秘密」とうたっている、今流行の習慣化の本「ぼくたちは習慣で、できている」を読んだのでご紹介します。

この本は、一度読んで放ったらかしだったんですよね。

(ちなみにそんな本がいっぱいある)

読む前の自分

この本を読むまでは習慣化することが苦手なタイプでした。

今は生産性が語られる時代なので、色んな本を読んで実践してきましたが、なかなか上手くいかないんですよね。。。

読んだ感想

読んでみて気づいたコトが2つ。

  • 習慣化するコト自体が目標になっていた
  • 実行する仕組みが足りない

「トリガーを作る」「大人の時間割を作る」「日付で行動する」など方法が書かれていますが、要は何かをするための工夫が自分には足りてないんですよね。

頭で決めても最初はすぐに忘れて、その度に自己嫌悪に陥ってそのまま辞めてしまうんですよね。

あまり時間に縛られるのが好きではないので、リマインダーとかも苦手だし。

自分を励ますツールが欲しい(笑)

そもそも自分の願望としては、身体の動きを良くしたいのと、ブログで稼ぎたいのがあるんですよね。

趣味のスノーボードがもっと上手くなりたいのと、健康な体で元気に長生きしたい。

そのためには今からの身体作りが必要なわけです。

時間がかかることは分かってるので、それ故に習慣化にはこだわっていきたい。

ブログはまぁ・・・書いたまんまですが(笑)

今後やるコト

今後はすぐ嫌にならないような計画(リカバリー策を含む)と達成しやすい内容にして、筋トレとブログを毎日実践できるようにしていきます。

あとはできなかったときの振り返りを忘れずに。

と言ってもその振り返りが苦手なんですが。。。。

別の本では腕立て1回でよいとかあったぐらいだから、小さな目標からやり直しです。