今年の運勢は吉。2020年のご挨拶。

スポンサーリンク



新年あけましておめでとうございます。

例年通り、だらだらしておりました。

おかげさまでブログも更新できてないですね。。。。

まぁ今年も頑張ります。

たまには一年の振り替えりしないとなぁ。

そう思って、必死に去年どうだったかを思い出している最中です(笑)

何とか10日くらいまでには振り返りきりたいです。

そんなわけで。

新年一発目は、初詣行っておみくじを引いてきた話。

2020年は「」でした。

ちなみにブログ書いてなかったけど、2019年は同じ神社で大吉引いてまして。

違う神社ですが、なんなら2018年も大吉引いてた。

3年連続ならず。

コレはブログちゃんと書いてた。

大吉について本気出して考えてみた

新年あけて急にアクセスあるから、みんなおみくじ引いてるってコトかな。

おみくじ結果「吉」

【巧みな舵取りで困難を回避し危機を脱す】

行く手に
さまざまな障害が
立ちふさがりますが、
攻略する条件に
恵まれます。
持ち前の知恵と人脈が
あなたを助けるでしょう。

くじ運:気負いがなければよし。
金運:人のために使うと戻ってくる。
健康:免疫力を上げる生活を。
学問:自分の頭で深く考えること。
仕事:活路を開けば、あとは安心。
売買:安易に手を出さない。
恋愛:第一印象が決め手になる。
対人:立ち位置をわきまえよ。
転居:南へ移るはよし。
旅行:内容を重視して行き先を選べ。

考察

ようするに「よくはない」ってことですかね。

決して「悪い」ではなくて。

まぁ正社員辞めて世間の大多数ルートから外れている以上、困難しかないと言ってもいいくらいですよね。

学問・仕事・恋愛・旅行から推測すると「出だしか肝心だからちゃんと準備してね」という一年ですかね。

吉と中吉はどっちが運がいいのか問題

おみくじの内容は神社によって異なる、ってのは想像付くと思いますが。

良い順番もどうやら神社によって違うらしい。

パターンとしては、

①大吉→中吉→小吉→吉→末吉

中吉は「大吉と吉の中間」(=大吉の次)

②大吉→吉→中吉→小吉→末吉

中吉は「吉の半分」(=吉の次)

で分かれるんだとか。

そもそも「吉」がないとこもあったりしてややこしい。

ほかには「凶」にも5種類くらい分かれてるところや、「平(たいら)」なんてのもあったり。

平は、京都の「石清水八幡宮」や「下鴨神社」で引けるみたい。

あと、なんなら順番が存在しないところまであって、おみくじといえど神社によって文字通り千差万別なわけでして。

どないせいっちゅうねん。

と言われれば。

あくまでも「生活の指針」とするもの。

吉凶の判断は二の次。

だそうで。

なるほどね。

今年もよろしくお願いします。







ABOUTこの記事をかいた人

小柄で細身の虚弱(もやし)体型を脱却すべく奮闘中の30代ブロガー会社員・・・でしたが思い立って退職を先にしました。果たして、無事に生きていけるのか。