【書評】片づけで人生を変えよう!「コミック版 たった1分で人生が変わる片づけの習慣/小松易・青木健生」

スポンサーリンク



みなさん、片づけはできていますか?

ワタクシは、できていたりできていなかったりします(苦笑)

なので片づけ本とかは気になってすぐに読み始めたりします。

そこで読んだのが「たった1分で人生が変わる片づけの習慣」です。

今回は電子書籍のコミック版を読んでみました。

(´-`).。oO(通常版って読んだことあったっけ?読んだような気もするけどなぁ…)

さっそく紹介します。

本の要約

片づけ効果の「ビフォア・アフター」がすぐわかる!部屋をデスクをあなたの心をキレイにして人生さえも好転する究極メソッド。

片づけると人生良くなりますよ、というお話です。

片づけを身につけるには、1日1分・21日間続けるだけ。

21日間で片づけをする自分なりのルール作り・仕組み化をすると、片づけが「日常」となり片づかない自分に悩むことがなくなります。

なので、無理せず楽しくやっていきましょう。

感じたコト

「やる気のOFFボタンはお尻についている」と説明します。座った瞬間に「OFFスイッチ」が押されて、作業をするのが面倒臭くなるのです。帰宅時の片づけのベストタイミングは、「帰宅してから腰を下ろすまで」です。

この説明が面白いなと思いました。

ワタクシの場合は、座ると言うより寝転ぶなんですが、急に面倒臭くなるタイミングってやっぱあるんですよね。

妙に納得しました(笑)

ONスイッチはないのに、OFFスイッチがある。

人間やっかいな生き物ですねぇ…(苦笑)

今後やること

昔ほど部屋は汚くないけど、まだまだ片づけてない箇所もあるので地道に取り組んでいきたいです。

こんな人にオススメ

今までチャレンジして断念した人にはいいかも。

マンガだからイメージしやすく、やることが頭に入ってくるかと。

ちなみに、21日間にしてはストーリーが飛躍しまくってるので、そこには目を瞑りましょう(笑)