たまには政治にも興味を持ちましょう。「贖罪/音喜多駿」

スポンサーリンク



日本の政治家で、数少ないブロガー議員である「音喜多駿」氏の本。

お調子者が故にちょいちょい炎上している彼ですが、その発信力は一目おけると思います。

贖罪とは:

実際の行動によって、犯した罪を償うコト。罪滅ぼし。

ちなみに「しょくざい」と読みます。

本の概要

筆者自身と小池知事・小池都政を振り返り、それを踏まえた未来の都政への提言となる一冊。

印象に残った部分

  • 突然のテレビ出演NG
  • 「党内は自由闊達」という模範回答を徹底する矛盾
  • 「文書質問」と「資料要求」まで禁止される
  • 「根回し」をしないという強み

感想

これだから政治家は…

そう思えるような闇の深さが色々出てきます。

「暴露本は悪」とか思いがちなので批判的かもしれませんが、批判をしたい人ほど読んでほしいかな。

主張もある程度集約されているので、文面把握した方が議論しやすいよ?

ワタクシ東京都民ではないので、彼の主張そのものはなんとなくでしか理解していませんが・・・

やっぱり発信力を武器にしている部分は勉強になるので、今後もめげずに活動してほしいところ。

ただし今の世の中の仕組み考えたら「幹事長とか合ってねーな」と思ったのも事実。

50年後の日本の未来に向けて、これからもブログから政界を変えていってほしいです。

こんな人にオススメ

  • 政治にちょっとだけ興味ある人。
  • 音喜多駿氏に興味がある人。
  • 音喜多駿氏を批判したい人←特に読んだ方がいいよ