まんがでわかる LIFE SHIFT/リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット【読書メモ】

スポンサーリンク



ここ数年で叫ばれている働き方改革にちなんだ本、「まんがでわかる LIFE SHIFT」を読みました。

何でも、通常版が30万部も売れているらしいですよ。

果てさて、これを読むコトで「LIFE SHIFT」となる気づきは得られるのか?

読む前の自分

100年時代の人生戦略。100年生きるって大変だよね。

もうすぐそういう時代になると言われても、イメージしにくいのも事実。

それこそ昔は長生きに興味なかったんでね。

36年も生きるなんて思ってなかった。

何故かは知らんけど。

今は楽しく長く生きていたいと心変わりしております。

そのわりに戦略も何もないけど。

読んだ感想

戦略を語る一冊かと思いきや、戦略なんてなかった。

っていう戦略です。

一見矛盾してるようですが、結局そういうこと。

ちゃんと自分で決めてねっていう。

「自分が正しいんだ」という信念みたいなのが大事。

迷うのはバカらしいコトなんだぜ・・・・

そんな中で「無形資産」が重要と語られている。

  • 生産性資産:主に仕事に役立つ知識やスキルのこと

  • 活力資産:健康や、良好な家族・友人関係のこと

  • 変身資産:変化に応じて自分を変えていく力のこと

この辺が、戦略を練る上で重要。

ちなみに、漫画なので

主人公がいろいろ迷いながら決断していく様子が描かれているんですが、結局どうなったのかが分からなくてもやっとした。

なので、帯に書かれているようなポジティブ感は得られず(苦笑)

今後やるコト

自分を信じる、コレに尽きる。

そのためには、無形資産に向き合わなきゃいかんね。

どっかにまとめてみるか。。。。







ABOUTこの記事をかいた人

小柄で細身の虚弱(もやし)体型を脱却すべく奮闘中の30代ブロガー会社員・・・でしたが思い立って退職を先にしました。果たして、無事に生きていけるのか。