40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方/葛西 紀明

スポンサーリンク



スキー界のレジェンドの本を読みました。

平昌オリンピックはメダル取れなくて残念だったけど。

ちなみにワタクシ40代ではありません(笑)

概要

タイトルの通り「衰えないよう過ごす」のがメインテーマ。

本人の経験をもとに、良かったコト悪かったコトが書かれています。

印象

さすがに経験豊富。

コツが30個もあったら覚えきれんよね…

ただ普段から身体を鍛えてる人には、そんなに難しくはないかと。

メンタル面では独特の考えがあるから、そこだけ読んでも面白いかも。

イチオシ

好きなのはこの4つ。

「いまのラクな姿勢」が「疲れない姿勢」とは限らない。背筋の伸びた「正しい姿勢」なら、長時間でも疲れない。

心身ともに、不調なときこそ汗をかこう。10日に1回の「サウナデー」で、心身をリフレッシュできる。

笑顔と言葉を変えれば、「プラス思考」は生み出せる。「3つの言い換え」で、マイナス言葉を極力、減らそう。

「原風景」を思い出し、「新しいチャレンジ」をすることで、何歳になっても「ワクワク感」は取り戻せる。

詳しくは読んでください。

余談

出版直後に結果が出ない場合もあるので、あんまり現役選手の本って読まないようにしてます。

なので個人的にレアケースではありましたが、読んでみると面白いですよ。