【書評】朝起きたら、何があっても、絶対に〇〇する。「億を稼ぐ積み上げ力/マナブ」

スポンサーリンク



ビジネス系YouTuberのマナブさんの著書「億を稼ぐ積み上げ力」を読みました。

この方の動画が好きで、半年くらい前から見ています。

とにかく淡々としていてYouTuberにしては比較的暗め(失礼)なキャラなので、わりかし頭に入りやすいんですよね。

変に煽るコトもないし。

「一つの動画で何回謝ってんだ」って思うくらい言葉を選んで喋るので、ビジネス系で貴重な?イライラしない人です。

そんなマナブさんの初書籍を紹介します。

すぐに稼げる手法はない

かつては稼ぐための小手先のテクニックを探し回っていたマナブさん。

ですが年間2億円を稼いで得た結論は「そんなものはない」です。

結局は行動しないと何もならない。

行動しつづけたから成果を得た。

ただそれだけ、とのことです。

継続の極意

「朝起きたら、何があっても、絶対に〇〇する」

と決めてしまう。

ただそれだけ。

休日は「やるやらないの判断=労力を使う」ため不要。

絶望しつつ、諦めつつ、それでも継続する。

継続しつつ、改善して予測を立てる。

そうするとまるで歯磨きをするかのように、やりたいことの習慣化が可能。

自分は雑魚です

動画内で時々出てくる「僕は雑魚なので」発言は、この本でも顕在です。

マナブさんは雑魚って自分を卑下するために言うのではなく、ただ自分を冷静に見つめるために使っています。

冷静に見て、それで終わりです。

卑下することなく、他人を羨むことなく、見て終わり。

これもまた凄い部分ですね。

このメンタルはどこから生まれたのだろう?

まとめ

「朝起きたら、何があっても、絶対に〇〇する」

この絶対に、がいかに難しいか。

ずっと悩まされてきた人生だなぁ、とつくづく思う。

なかなかストイックにはなれないんですよね。。。。

執着心がない、というか。

でも。

マナブさんは愚直に行動するだけでちゃんと稼いでいるので、一つの方法としては合ってるんですよ。

バズらなくてもここまで行けるってコトは、やっぱり一般人にもチャンスはいくらでもあるっていう証明にもなるわけで。

ある意味では、今の自分からすると理想の展開です。

マネするにはこれしかないと思うんだ。。。

とにかく積み上げですね。