「すぐやる人」と「やれない人」の習慣/塚本 亮【読書メモ】

スポンサーリンク



続いて読んだのは『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣』です。

「すぐやる人」と「やれない人」の違いは自分を動かす仕組み作りにある。

そう語る著書の、心理学に基づいた習慣術が書かれていますのでご紹介します。

読む前の自分

ワタクシがどちらなのかと言えば、やはり「やれない人」に分類されますよね。

というか「すぐやる人」がこの本を手に取るコトはないはずです(苦笑)

読んだ感想

なんというか、心に突き刺さる内容が多すぎてツラい。

特に当てはまると思ったのが、なんと9つも。。。。

  • すぐやる人は明日を疑い、やれない人は明日を信じる。
  • すぐやる人は9000回の負けを知り、やれない人は全勝を目指す。
  • すぐやる人は毎日カバンを空っぽにし、やれない人は荷物を入れっぱなしにする。
  • すぐやる人は期限を自分で決め、やれない人は期限を守ろうとする。
  • すぐやる人は儀式でスイッチを入れ、やれない人はサザエさん症候群。
  • すぐやる人は姿勢が良く、やれない人は背中が丸い。
  • すぐやる人は次の日の準備をし、やれない人は流れで1日を終える。
  • すぐやる人は記録を大切にし、やれない人は記憶に頼る。
  • すぐやる人は非常識に考え、やれない人は常識に縛られる。

でもさ、一個だけ気になるのがあって。

カバンの中身は固定しとけば効率上がると思ってるのね。

そんな取っ替え引っ替えする荷物があるのか?

と思うので、中身の精査に注力したい。

今後やるコト

少しでも、手出しをしていけるように頑張ります。

やっぱ仕組みですってば。

なんかこんな本ばっか読んでる気がする。

で、同じ反省ばかり書いてる気がする。

でもね。

最近のブログペースで言えば、少しは進歩してるハズなんだよなぁ。

と信じないとやってられない今日この頃。







ABOUTこの記事をかいた人

小柄で細身の虚弱(もやし)体型を脱却すべく奮闘中の30代ブロガー会社員・・・でしたが思い立って退職を先にしました。果たして、無事に生きていけるのか。