「一生お金に困らない生き方」心屋仁之助

スポンサーリンク



先日のセミナーで「『好きなこと』だけして生きていく。」の感想を書く課題が出ました。

読んだコトある?

読んだコトあります、とセミナー中に答え、帰宅後に本棚を漁ってみると出てきたのがこちら。

こ れ じ ゃ な い

本の感想

せっかくなので読み直してみた。

はじめにの部分を読んだだけで、セミナー講師の立花さん(たっちー)が「まるで僕が書いた本みたいだ」とおっしゃっていたのがよくわかりました。(笑)

お金の「稼ぎ方」ではなく、お金に対する「あり方」を書いています。
なので読んでみて、立花Be塾と似たような感覚はありました。

お金に対して

ざっくり言えばこんな感じ↓

  • お金に否定的な人に、お金は集まってこない。
  • お金には「良いお金」「悪いお金」は存在しない。
  • 使う分だけ必要な分が入ってくる、と信じてみる。

言われてみれば、お金の区別なんてできないよね。
なんでこんな考え方になったのか、自分でも不思議。
悪いお金は使っちゃダメです!なんて、一体誰が決めたのか。

ちなみに、アメリカ人は平均で年収の約3%を寄付しているらしい。

金は天下の回りもの。

自覚すべき点

存在を認めてあげることが何よりです。そうすると、何かわからんけどお金がある状態になります。

なんて宗教染みた?コトも書いてありましたが、結局は考え方も習慣化なのかなぁと思いました。

心のお稽古、だそうですよ。

みんな生きててみんないい。