時間の意識を高めていきたい。「成果につながる! 仕事と時間の『仕組み術』/野呂エイシロウ」

スポンサーリンク



いつのまにか手に取っていて、カバーしたまま部屋で眠っていた一冊。

1回読んだような気はするが・・・

概要

「時は金なり」という名言に基づいた?筆者が実践してきた数多くの管理術を紹介。

筆者が40代になるまでの失敗してきたコトを「反省」して「改善」した内容なのでかなり具体的で細かく、全7章と中身は多岐に渡る。

  • 第1章 考え方
  • 第2章 スケジュール
  • 第3章 効率化
  • 第4章 行動
  • 第5章 コミュニケーション
  • 第6章 日々のルーティン
  • 第7章 ルール作り

今まで

そもそもスケジュール管理が苦手なんですようね、昔から。

なんというか、うまく動けません。

気づき

  • 寝る時間もスケジュールに書き込む
  • 寝る前、毎朝スケジュールを見て、明日という日を想像する
  • 翌日に着て行く服は前日に選ぶ
  • あと半月で死ぬと思っていると、本当に物事がすごく速くなる

面白いと思ったのがこの辺り。

これらをこなすコトで仮説→検証の流れをうまく作りたい。

これって、いわゆる習慣化ですよね。

あとは、事前準備ってコト。

ToDo

まずは色々と試してみようかと。

かなり細かいコトを習慣化させることになるので、いきなり進めるとまたハマるかも。

無理が生じない工夫も必要かな。

色々なルーティンを取り入れて、時間に対する意識を変えていきたいと思っています。