ブログから『正しい出版』へ!!商業出版入門 1dayセミナー 受講レポ

スポンサーリンク



立花岳志さん主催の「ブログから『正しい出版』へ!!商業出版入門 1dayセミナー」を受講しました。

実は直前にキャンセルが発生したとのコトで、追加募集の告知を見た瞬間に予約をポチりました。

なので、まさかの立花セミナー2days(笑)

概要

ブログというのは、あなたの進化の過程を書き綴り、あなたの一歩あとを歩く人に伝えることができるメディアです。
たとえあなたが初心者だとしても、あなたの一歩後ろには、「まだやったことがない人」がたくさんあなたの投稿を楽しみに待っています。
そしてあなたが学び進化するにつれ、あなたの後ろを歩く人の人数は増え、ファンになっていきます。
そしてあなたの「好き」が「強み」に尖り、専門性を持ち、出版のタイミングを得たときには、あなたの後ろには大勢のファンができ、あなたの本が出るのを待ち望んでくれるのです。
ブログからの出版は、多くのファンを引き連れて行うことができるのが、大きな強みです。
「ブログから『正しい出版』へ!!商業出版入門 1dayセミナー」では、その秘訣を漏らすところなくお伝えします。
※公式サイトから引用

要するに、たちさんがどうやって出版したかが分かるわけで。

一種の舞台裏みたいな感じかな?

なかなか聞ける話ではありません。

セミナー内容

正しい出版とは読者が「読みたいモノ」を書いた本

ブログは自分の「書きたいモノ」であり、本は読者が「読みたいモノ」である。

そのため、特別な人・すごい人だけが出版できる。

普通の人でも出版する仕組みがなくはないが、普通のままでは興味を持たれない。

本はできないコトを解決するために読むので、「できない→できる」を書けるのがよい。

そのコトにより共感・感謝を得て、社会貢献ができる。

出版は焦らないこと

出版は基本的に長期計画。

(半年後とかはムリです)

また、一人では実行できない巨大なプロジェクトになる。

そのため、ブログとは違って「書く」以外のコトに対しての意識も必要。

例えば、

  • 出版社に企画持ち込み
  • 出版した後のPR活動

など、自分からのアクションが出版には不可欠。

サイン会などで出版関係者と「緩く」繋がるコトも時には大事。

書評をどんどん書こう

出版社は売れるネタのために面白いブロガーを探しているらしい。

出版関係者に目にとまりやすいのは、書評記事なんだとか。

また、10万文字を書く時間と能力が必要。

なので書評を中心にブログをどんどん量産するコトが、遠回りのようで最も近道。

基本は「わからないことを調べ、未経験のコトを経験して記事に書く」コト。

記事が量産されるコトで本のコンテンツが出来上がる。

※ただし、本は単なる記事のまとめとは違う

感想

ワークを経て思ったのは「やるコト多過ぎぃ」でした。

ですが「コレ出版いけるんじゃね?」と自画自賛してた参加者さんの気持ちがなんか凄くわかりました。

やるコトを細分化するにはちょうどいいというか、数年後の目標に対する具体的なアプローチを考えるのに向いている。

すべてを並べるとハードルが高いのは事実。

でもすべてをこなせば、出版できそうに思えてきた(笑)

そんな不思議と前向きになれる、熱量のあるセミナーでした。

自分の人生の目標を、出版に置き換えて考えると長期計画が立てやすいかも。