意外と良い場所、シェアハウス

スポンサーリンク



引っ越したい宣言をブログ内でも(多分)してましたが、7月半ばについに引っ越しをしました。

何を思ったか

きっかけとしては今までの生活に「飽きた」から。

引っ越しを機に生活がガラリと変わる人も多々いる中、社会人になってからの引っ越しは、実はそこまでの変化がなかったりする。

今回探していて気づいたんですが・・・・

「別の土地の似た環境」を探していたに過ぎないんですよね。

というわけで優先順位を色々とひっくり返し、紆余曲折した中で見つけたのが「シェアハウス」でした。

良き点

  • 人との会話がある
  • 一人でも生活できる
  • 友人ができる

住んでみて約1.5か月での気づき。

リビングが共用なので、食事を取る際に誰かが入れば自然に会話ができます。

でも互いに自分の生活してるので、誰かを待つ必要もないわけで。

この絶妙なバランスが非常に心地良いです。

そして「ただいま」「おかえり」の会話だけでも非常に充実感があったりします。

誰もいない日もあるけど(笑)

あとは同居人が友人を呼ぶコトでちょっとしたパーティーみたくなるコト。

今住んでるトコは会社が20箇所くらい経営していて、別のハウスから友人がわんさかやって来たりするのでかなり刺激的。

なかなか人を覚えきれないくらい集まったりします。

悪しき点

  • 部屋が狭い
  • ちょいちょい汚れが目立つ

食事をリビングで取るのは、単に部屋が狭いから(笑)

人がいるということは、やっぱり色々汚れたりはするわけで。

コレ、神経質な人には絶対に向かないと思う。

あと部屋が狭くなって家電とかも一気に不要になって、引っ越しが死ぬほど大変だった。。。

もう引っ越しなんてしない。

そう思えるくらい辛かった。

ちなみに、前の家には約6年住んでましたので、何だかんだ色々思いがこみ上げてきて泣きながら片付けてました(笑)

まとめ

まぁ結局は同居人次第だったりするけど。

別のハウスに移る人は、人間関係で揉めてる人もいるようです。

個人的には良い人たちに出会っていてすごく満足しています。

「一人で生きてく」をなんとなく履き違えて生きてきたような思いです。

今までと違って、楽しい。