『WAR→P! in Fantasy 芽ぐみの雨と水鏡の試練』に行ってきた

スポンサーリンク



公演期間中はネタバレ禁止なので、語彙力のない感想を語ります。

これ読んだ人はすぐにチケット取ってください。

言葉じゃ伝えきれないので。

WAR→Pとは?

俳優と参加者が役割を演じ、一緒に物語を紡いでいく新感覚の体験型アトラクション公演です。会場に一歩足を踏み入れた瞬間、あなたは別世界にワープ!そこは俳優の扮する登場人物「ノン・プレイヤー・キャラクター(NPC)」たちが生活している空間です。そして、ここから始まる冒険の主役はあなた。あなたは物語の主人公「プレイヤー・キャラクター(PC)」として世界を探索し、他のPCやNPCと協力、時に対立し、物語を進めていきます。限られた時間の中でハッピーエンドを目指すのか、NPCとの仲を深めるのか。楽しみ方は無限大。この物語がどんな結末を迎えるのか、それもあなたの選択次第です。俳優と参加者で紡ぎだす無限のストーリー。新感覚のライブ・エンターテイメントを是非ご体感ください!

WAR→P! in Fantasy 芽ぐみの雨と水鏡の試練

5/16〜27までの全36公演。

5/19,5/20,5/26に至っては、なんと1日5公演!

なんか狂ってんな(笑)

何をするの?

よくあるRPGのストーリーを現実化したものです。

今回の舞台は「王立ソレンシア冒険者学院」で、参加者は受験生として入学試験を受けることになります。

入学試験は「クエスト」と呼ばれる課題をいくつもこなすのが参加者の目的。

①キャストさんに話す

②クエストもらう

③別のキャストさんに話す

④クエストクリア

これを延々と繰り返す感じ。

一言で言えば「スタンプラリー」が一番近いのかな?

ただしスタンプ集めるだけではなく、話しかける・謎を解くなどの要素があって、面白さが何百乗にも増していきます。

またクエストのクリア数によって、物語は変化するわエンディングまでも変化するわで、無数のストーリーがあるのも魅力。

なんていうか、語彙力が足らん(笑)

必要アイテム

軽装

狭い範囲ではあるものの、結構な時間ウロウロするので歩きやすい格好を推奨します。

むしろ座ってる時間の方が短いので、初見だとだいぶ引くと思う(笑)

今回の会場は有料コインロッカーが小さめなので、荷物そのものを減らすコトをお勧め。

バインダー

あった方が良いです。

形はスタンプラリーなので。

話しかける勇気

必須です。

最初は戸惑うから。

変な話し、誰に声かけてもいいのよね。

色々教えてくれるから。

そこがまたいいのよね。

時々「それは分からない」って返答がくるけど、それもまたRPGっぽさを出してるよね。

感想

とにかく面白い。

唯一難点をあげるとすれば、1回じゃ物足りなくなるくらい(褒め言葉)

ワタクシ2回参戦しましたが、エンディングは同じでした。

同じエンディングでも所々キャストさんの演技は変わるんですが、今回は気づくような何かもなく…

なんていうか、消化不良(笑)

そんな結果でした。

これ読んだ人はすぐにチケット取ってください。(2回目)