一言あるコトが大事なのを感じた話。

スポンサーリンク



飲食店で結構待たされました。

いろいろ言いたいこと、不満が募っていたのですが。

会計時に「お時間いただきありがとうございました☆」って言われてスッキリしました。

めっちゃ待ちました

セットの食事を頼んで、待つこと20分弱。

この時点で結構待ちくたびれ…

ようやく一品出てきて、少し食べ始めたところで「もう一品はあと5分ほどお時間かかってもよろしいでしょうか?」と。

o(`ω´ )o (作ってへんのかい!)

と思いながら、諦めたら負けみたいな気もしたので待つコトに。

全部出揃うまで30分かかりました…

通常なら、既に食べ終わっていますヨネー。

店内見て思ったコト

時間かかったといっても店内はすごく暇そうだったし、なんならキッチンではのんびり談笑している感じ。

( ´Д`)y━・~~(やれやれだぜ。)

待たすのが一番クレームになったなぁ、とファミレスでバイトしてた頃を思い出したりなんかして。

で、お会計。

なんか言うかな?と思ってたら冒頭の一言。

こういうリカバリーできる人はステキやよね。

ただお詫びされるよりも清々しい。

もう少し、言葉遣いを勉強した方がいいのか?

そんな、平日の夜。