ブログが書けなくなった理由を考える

スポンサーリンク



前回、ブログ開設して4年経過したコトを書きました。

ブログ3年かけても広告収益は出ていない話をしようとしたら、実はすでに4年だった話

あれから早やひと月。

やっぱり何も書かないっていうね…(苦笑)

あれー??

おかしいなー??

ブログ書くの好きって以前言うてなかったっけー??

そんな疑問を解決すべく、セルフで考えてみました。

ブログを書かない理由その1〜書くのが面倒〜

まぁコレに尽きるよね。

スマホでポチポチするのメンドイけど、パソコンはそもそも立ち上げるのがメンドイ。

(ちなみにコレはスマホで書いてます)

きっと誰もが通る道。

・・・・・・。

だがしかし。

本当にそれだけか?

という疑問も同時に浮上。

というコトで再度考える。

ブログを書かない理由その2〜ネタがない〜

元々は、特に書くコトを決めずにスタートした当ブログ。

なので記事が多い時は好き放題やってる感じがありますねぇ←他人事

なので、あらためて好き放題書けばいいじゃない。

と思うじゃない?

2021年現在、昨今の副業ブームなわけで。

それに伴いブログに関する情報もいっぱい流れてくるわけで。

そんな中で「専門性を出せ!」みたくやたら言われている(気がしている)ので、ざっくばらんには書きづらさがあるわけで。

専・門・性!

とか。

専門性がいるよキラッ☆

とか。

ブログを書かない理由その3〜反応を得るのが難しい〜

そもそも書かないと反応なんか得られないけどね。

でもInstagramやTikTokに比べると、ブログって地味な世界だなぁ、とか思っちゃう。

反応の多さが比じゃない。

じゃあそっちが向いてるかと言われると、それも違うのよね。

なのでブログのが気が楽。

そう言えばmixi頑張って書いてた時も、反応は少なかったな…

その分、濃い繋がりではあったw

まとめ?

やめればいいのに。

そう思ったコトも、何度もある。

でもなぜか、今度は何か見えそうな気がする。

とはいえ、期待しすぎずに、淡々といきましょう。

おわり。