誰にでも分かる楽しい野球用語集その1

スポンサーリンク



野球が難しいと言われる一つに、その独特の用語があります。

知っておくと、知ったかぶりできる?用語を集めてみました。

(その1と書いたけど続編があるかはわからない)

(そして間違っていたらゴメン)

★3タテ

三・連・敗。

「立て続けに負ける」からきているとのこと。

ここで重要なのは、

①負けている側の表現
②同一カードに限る

というコト。

なので、勝った側が3タテしたというのは本来間違いだそうです。

へー、知らんかった。

ほとんど勝った側が使ってる気がするけど。

なので負けた側が「3タテを喫する」となり、勝った側は「3タテを喰らわせる」ぐらいの表現が良い。

あと、相手チームが変わっている場合は関係ないそうです。

プロ野球は同じ相手と3試合連続で戦うので、基本は3タテになります。

たまーに、試合の消化具合で4タテもあるけど。

★3タコ

その日の試合で、3打数0安打のコト。

「タコ→坊主→0」が語源。

・・・・ホンマかいな。

そういう連想があるから、面白くもあり複雑でもある(笑)

ちなみに4打席0安打は4タコ、5打席0安打なら5タコ。

★投手リレー

投手が代わる代わる順番に投げるコト。継投。

要するに、1人で投げ抜いた時以外は「投手リレー」なのよね。

別に投手が短距離走するわけじゃないよ(笑)

無失点に抑えたピッチャーが複数(たぶん3人以上、体感は4人以上)いた場合に「無失点リレー」と呼ばれるコトも。

★サヨナラ勝ち

野球では攻撃の順番が決まっているので、最終回に後攻チームが上回った時点で試合を終わりにするのがルール。

ここで、後攻のチームが最終回または延長回ウラの攻撃に決勝点を上げると、同時に試合終了となって「サヨナラ勝ち」と呼ばれます。

別れの挨拶「さようなら」っぽいけど誰が考えたんでしょうね、コレ。

★グランドスラム

満塁本塁打のコト。

テニスの4大大会優勝が一番有名なのかな?

一挙に「4点」入るところに掛けているかと。

★ゲッツー、ダブルプレイ、併殺

一連の流れで2個のアウトが記録されること。

一般的にはダブルプレイ。

ゲッツーは「get two」と守備側の声かけで用いられた用語らしい。

ちなみに併殺は2個のアウト取れば成立しますが、「併殺打」となるのは打球を転がした場合に限るらしい。

例えば、牽制悪送球で進塁狙った結果2人アウトになったら「併殺」にはなるけど「併殺打」にはならない。

書いてて意味分からんくなってきたぞ?

野球ってムズカシイ。

★イッツゴーンヌ

ホームランを打った際に「It’s gone」と言う実況さんのセリフ。

今年は見てないけど、ファイターズの中継だったかな?

アメリカメジャーリーグの中継で、はホームランが入った瞬間に気の利いたセリフを出せるかで、実況としての腕が問われるそうな。

まとめ

知ってる単語を敢えて調べてみるのも面白いね。

他にも色々調べてみよう。